交通事故治療を無料(0円)で受けるには?

 

 

交通事故治療は「自賠責保険」が適用されるので、示談が成立する前であれば「無料」で受けることができます。

治療費に関しては、当院が後日、保険会社に直接請求しますので、窓口負担も“0円”ですみます。

 

自賠責保険とは

自賠責保険とは、「自動車損害賠償保障法」という法律で加入が義務付けられている、自動車やバイクの保険で、正式名称を「自動車損害賠償責任保険」といいます。事故が起こった場合の被害者の救済が目的の保険で、最低限の補償は自賠責保険から受けることができます。

                                                 

自賠責保険の特徴

○ 自動車を運転中に他人をケガさせたり、死亡させたりした場合を補償(対人賠償)。物損事故は対象外 
○ 加害者が加入している損害保険会社等に、被害者が直接、保険金を請求できる
○ 被害者が、当面の出費のために仮渡金(かりわたしきん)を請求できる
○ 被害者1名ごとに支払限度額が決められていて、1つの事故で複数の被害者がいる場合でも、被害者1名あたりの支払限度額は変わらない。

 

自賠責保険の補償内容 

自賠責保険は、被害者が受けた損害の内容によって支払限度額が決められていて、その限度額の範囲内で、被害者の損害が補償されます。支払い限度額は、被害者一人についての限度額となります。

                                                                             

自賠責保険で受けられる主な補償                                         

傷害による損害=被害者一人につき120万円まで

 

治療費用

交通事故で負った怪我の治療に掛かった実費全額、病院、柔道整復の費用。診断書料など

 

                                               

入院雑費

入院した日数に1日あたり1,100円を掛けて算出した金額
(ただし、立証資料によって1日につき1,100円を超えることが明らかな場合は、実費が支払われます。)

 

                                                 

通院費用(通院交通費)

被害者の自宅から病院までの往復にかかる料金に、通院した日数を掛けた金額

 

                                                  

休業損害

1日につき5,700円
ただし、立証資料等により1日につき5,700円を超えることが明らかな場合は、1日につき19,000円を限度として、実額が支払われます。過去3カ月間の1日当たりの平均給与額を基礎とし算出。
事故前3カ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数(勤務先による作成・承認が必要)

                                                                                                                                                      

慰謝料

自賠責保険の慰謝料の計算方法は1日当たり4,200

[1]全治療期間(入院期間+通院期間)の日数
[2]実通院日数(治療期間中に実際に通院した日数)×2の日数

[1]と[2]を比較して少ない日数が基準日数として適用されます。

 

 

交通事故に遭ってしまったら

 

①    緊急処置

負傷者の救護、救急車を呼ぶ、2次災害(追突)への 対処(三角版や発煙筒)を行ってください。

 

②    警察に届ける

・加害者からの報告は義務ですが、被害者が届け出ることも必要です。(とくにケガを負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。)

・自分の入っている保険会社にも連絡を取りましょう。

 

③    相手を確認

被害者の確認事項として、以下の項目が必要です。

・加害者の住所、氏名、連絡先

・加害者が加入している自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号など

・加害車両の登録ナンバー

・勤務先と雇主の住所、氏名、連絡先
(※業務中に従業員が事故を起こせば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)

(注)この時点で必ず気を付けることは
「示談交渉は避けること」です。後日後遺症が出た場合などに困ります。

 

 

④    目撃者を確保

第三者の意見は万が一、相手方とのトラブルになった際などに効果があるため、通行人など交通事故の目撃者がいれば、その証言をメモしましょう。 また、氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうよう、依頼しておきましょう。

 

⑤    自分で記録

携帯電話・スマホなどを使って事故車両(自分と相手の車両)や現場の写真を撮っておきましょう。

 

⑥    病院

治療を行う場合、後のために病院にて画像診断と
診断書があった方がよいでしょう。
その場合、現在痛いところをすべて言っておきましょう。
後々に負傷箇所の追加は難しいことがあります。

 

 

⑦    あいメディカル治療院での施術

病院の診察が終わったら、当院での施術を開始します。

まず、保険会社へ連絡をし「あいメディカル治療院」で治療を受ける旨を伝えてください。

どのような施術を受けるのか聞かれましたら、「柔道整復の施術」と伝えてください。

それから当院へ電話していただき、初回の予約を取っていただきます。

その時に交通事故によるケガの治療とお伝えください。

 

「初診から完治までの流れ」へ続く

  • 初診から完治までの流れ
  • 自損事故でも0円で治療が可能な場合

    交通事故の諸症状

  • むち打ち
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 頭痛・めまい
  • 吐き気
  • しびれ
  • だるさ・倦怠感

サロン情報

  • 店舗
  • 詳しくはコチラ
  • メディア実績
  • よくある質問
  • 新着情報一覧
  • お問合せ
  • あいメディカル治療院総合サイト
  • あいメディカルの美容鍼
交通事故専門治療院 あいメディカル治療院
TEL.0561-73-8525

〒470-0135 愛知県日進市岩崎台4丁目914


治療院紹介・アクセス
診療時間
交通事故専門治療院 あいメディカル治療院
むち打ち、首の痛み交通事故治療なら、あいメディカル治療院へ