肩こり

 

(1)症状の特徴

 

事故の強い衝撃を受けた頸椎が衝撃を和らげようと

周囲の筋肉や靭帯にも衝撃を分散させます。

 

その後、

主に後頭部から肩にいたる部分にある筋肉が異常に緊張し、

違和感や痛みなどが起こります。

 

 

事故の衝撃で頭が大きくゆすられ、むち打ち(頸椎捻挫)が起こります。

その時、頭を支える頸椎の靭帯、筋膜、筋肉が損傷し、

頸椎の安定性が損なわれてしまいます。

 

頸椎が不安定になると、

重い頭を頸椎だけで支えるのは難しくなり、

周りの筋肉を緊張させることによって、

頸椎の安定性を保とうとします。

 

この時

主に機能する筋肉は僧帽筋です。

 

この僧帽筋は後頭骨、肩甲骨、胸椎、鎖骨の外側に付着しているので、

交通事故の衝撃でむち打ち(頸椎捻挫)になり、

頭をしっかり支えるために僧帽筋が常に緊張してしまい、肩こり症状が現れるのです。

 

そのため、

今まで肩こり症状のなかった方も、

事故後に肩こりを感じるようになってしますのです。

 

また、

事故前から肩こり症状の合った方は、

事故後にその症状がひどくなることがあります。

 

  • 初診から完治までの流れ
  • 自損事故でも0円で治療が可能な場合

    交通事故の諸症状

  • むち打ち
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 頭痛・めまい
  • 吐き気
  • しびれ
  • だるさ・倦怠感

サロン情報

  • 店舗
  • 詳しくはコチラ
  • メディア実績
  • よくある質問
  • 新着情報一覧
  • お問合せ
  • 治療院総合サイト
  • 美容鍼
交通事故専門治療院
TEL.0561-73-8525

〒470-0135 愛知県日進市岩崎台4丁目914


治療院紹介・アクセス
診療時間
店舗外観